引っ越し業者 段ボール 無料

引っ越しの段ボールをもらう@無料でダンボールを手に入れる

引越し 見積もり

 

引越し ダンボール

 

引越しで使うダンボール、どこからどうやって調達すればいいのでしょうか?
一番たくさん用意できる方法は、引越し業者から貰うです。

 

引越し業者と契約をすると、最初にダンボールを大量にプレゼントしてくれます。
多くの引越し業者でやっているサービスです。
プレゼントされるダンボールの数は業者によって異なりますが、例えば50個とかまとまった数で貰えます。

 

しかし荷物の多いご家庭や、家族の多いご家庭ですと、50個のダンボールでも足りないこともあります。
また引越し業者に依頼しない人もいますので、適用出来ない方もいますね。

 

その時はどこかから調達する必要があります。

 

以前であればダンボールはスーパーで貰うことができましたが、今はちょっと事情か変わってきたのです。
理由はレジ袋の有料化です。

 

レジ袋の有料化でダンボールがお客さんへの無料サービスとしてお店の中に置かれるようになって、「1人での大量の持ち帰り、お断り」という注意書きがされるようになったのです。

 

1人で大量に持ち帰られると店内にダンボールを補充する人の負担が大きくなるので、人手不足で大変なスーパーもあるでしょう。
もしスーパーで貰えない場合は、比較的まだ緩い近所のドラックストアでもらえないか聞いてみましょう。

 

どうしても無料で貰えなかった場合は、引越し業者に相談して有料で追加購入したり、ネットやホームセンターなどで買いましょう。
ダンボールは大きさよりも素材の丈夫さに注意してくださいね。

 

中に荷物を詰めすぎると重くて持てないとか、底が抜けて怪我をする危険があります。
重い物は小さい箱に、大きい箱には軽い物を入れてください。

 

引越し料金は引越し業者によって差があります。
引越し料金を安くするためには、複数の引越し業者から見積もりを取る必要があります。

 

複数の引越し業者から見積もりを取るには、引越し業者一括見積もりの利用がオススメです。

 

引越し 一括見積もり

 

 

引越し業者で安くなる引越し

 

引越し 比較

引越し 相場

引越し 最安値

引越し 見積もり

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しではすることが多いですから、おおまかな手順を先に確認しておきましょう。

 

まず引越しというくらいですから引越し業者への見積もりを依頼したいところですが、おそらく新居が決まってからでないと見積もりの受付をしてもらえません。しかしのんびりしていると条件の良い引越し業者の予約から埋まってしまいます。
新居が決まったらすぐに見積もりを依頼しましょう。

 

荷造りは時間に余裕を持って行ってくださいね。使わない季節の洋服などからダンボールに詰めていきましょう。
もし不要品が出たら売る・あげる・捨てるなどして、引越し前に処分してくださいね。

 

引越し2週間前から転出届を出すことが出来ます。市外へ引越しする場合に必要です。
ほかにも健康保険や年金、児童手当など役所関係の書類があればついでに出しましょう。

 

電気・ガス・水道は1〜2週間前に各会社に引越しの連絡を入れて、料金の日割り精算の手配をしてもらいます。
もし市内引越しであれば、同じ会社で新居の電気・ガス・水道を引越し日からは新居で使えるようにしてもらってくださいね。

 

郵便物の引越しは最寄りの郵便局で転居届を出せば1年間だけ新居に転送してくれます。

 

さていよいよ引越しですが、自分で運ばなければならない荷物があります。

 

貴重品・高級品・現金・通帳・印鑑・貴金属・時計・パソコン・データ類・下着・見られたくないものは自分で運びましょう。
保険ではどうにもならないものもありますから、大切なものは人任せにしないようにしましょう。
家具の配置はあらかじめ決めておくと当日の作業がスムーズです。

 

引越しが終わったら2週間以内に市町村役場で「転居届(市内引越しの場合)か転入届(市外引越しの場合)を提出します。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険会社、銀行やクレジットカードなどの住所変更をしましょう。
忘れると大事なお知らせが届かくなったり、サービスが受けられなくなったりするのでお忘れなく。

 

 

引越し業者のオプション

 

引越し オプション

 

引越し業者には別料金で行っているオプションサービスがあります。
有料オプションサービスは次のようなものがあります。

 

・エアコンの取外・取付
・消毒・殺虫サービス
・ハウスクリーニング
・新聞の手配
・御挨拶品の準備
・ピアノの輸送
・ピアノの調律
・特殊品の輸送
・バイクや車の陸送サービス
・ペットの輸送
・盗聴器の発見サービス
・造園サービス
・荷物の一時預かり
・ハウスリフォーム
・ネット申し込み
・耐震グッズ施行
・資材回収
・不用品の処分

 

エアコンの移設は引越し前と後の2回電気屋さんに来てもらう必要があるため、手配が面倒なのです。
これを引越し業者が代行してくれます。

 

虫が苦手な方には消毒・殺虫サービスがオススメです。

 

実はピアノは高価で重いので、どこの引越し業者でも扱っているものではないのです。
ピアノの輸送・ピアノの調律はオプション扱いになりますから、ピアノをお持ちの方はご注意ください。

 

バイクや車の陸送サービスは、運転が苦手な方や体力がない方、小さなお子さんがいる方など自力で遠距離を運転出来ない方には本当に助かるサービスです。

 

今どきなのが盗聴器の発見サービスです。
最近の盗聴器はコンセント一体型だったりするので、自力で発見するのは難しいです。
前の住人がターゲットだったとしても気持ちのいいものではないので、気になる方は調べておくと良いですね。

 

このように様々なオプションサービスを行っています。

 

 

引越しと近所への挨拶

 

引越し 挨拶

 

 

引越しの挨拶、マンションやアパートであれば左右と上下の部屋の方に、一軒家であれば向こう3軒両隣のお宅に行きましょう。
マンションの管理人さんや大家さんがお近くにお住まいなら挨拶しておくといいですし、一軒家はゴミ当番や町内会のこともありますので自治会長さんにも挨拶しておくと良いかと思います。

 

挨拶に行くタイミングはできるだけ早く、一般的には引越し当日、遅くても翌日までに行きましょう。

 

なぜこんなに早いのかというと、引越しの時は道路や駐車場に長時間引越しのトラックが止まって作業をしますし、引越しスタッフの足音はどうしても響きますから、早めに挨拶に行っておいたほうがいいです。

 

手ぶらのかたもいますが、何か手土産を用意しておくと気持ち的にも行きやすいです。
高価なものは必要ありません。500〜1000円程度の商品を選ぶ人が多いです。

 

人気があるのは洗剤やタオルなどの消耗品、お菓子やコーヒー、紅茶などの食品です。
第一印象は大事にしたいですね。

 

 

引越しと粗大ゴミ

 

引越し 粗大ごみ

 

家の中に長年放置されたまま家具や家電はありませんか?
引っ越しは機にこれらを一気に処分しましょう。

 

一辺が50cm以上ある不用品、もしくは重さが10kg以上ある不要品を粗大ゴミと呼びます。
また、石油ファンヒータやストーブ、ガスコンロ、電子レンジは大きさに関係なく粗大ゴミとしての扱いです。

 

粗大ゴミの中に家電リサイクル法に基づいて処分しなればならないものがいくつかあります。
それらは家電を購入した家電量販店か、新しく買い替えをする家電量販店にリサイクル料(1000〜5000円程度)を支払って、処分してもらう必要があります。

 

家電リサイクル法で定められた家電というのはエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機です。
家電リサイクル法で困った時は、お住いの自治体のリサイクルセンターに相談してみましょう。

 

では、一般的な粗大ゴミはどうやって廃棄すればいいのでしょう?実は2通りの方法があります。
廃棄する方法はA:回収に来てもらう(有料)、B:自分で持って行く(無料)です。

 

@回収に来てもらう方法
まずリサイクルセンターに電話で連絡をして、回収に来てもらえる日を予約します。
つぎにスーパーやコンビニで販売している「粗大ゴミシール」を買って、処分したい家財に貼り付けます。

 

ちなみにこの粗大ゴミシールは回収手数料なので家財の種類によって値段が違いますし、粗大ゴミ1つにつきシールが1枚必要です。
あとは指定日時までに指定場所に置いておけば、専門業者が回収に来てくれます。

 

A自分で持って行く方法
粗大ゴミを自分で持って行く場合でも、リサイクルセンターへの電話予約が必要です。
いつ何時にどんな粗大ごみをいくつ持って行くを聞かれます。

 

あとは予約した日時にリサイクルセンターに粗大ごみを持っていきます。

 

まず身分証明を確認してから、車の計量を行います。
粗大ゴミを捨てる前と後の2回計量して、廃棄した粗大ゴミの重さが計算できますね。

100kgを超えると数百円の手数料が必要になりますが、自分で持って行く場合(個人の場合)は粗大ごみシールを貼る必要はありません。

 

 

エアコン 移設 費用 共済 自動車保険 安い 自動車保険 安い おすすめ 自動車保険 値段 相場 弁護士 借金 無料相談